ベットボード作成法
車種/装備選定 電装DIY一覧 内装DIY一覧 外装DIY一覧 ベース車一般DIY 工作ノウハウ
ベッドボードは専門業者さんに縫製をお願いするとカッコよい物が出来てくるそうです。 (CANP-INNさん等でも仲介してくれます。)  ただ、薄いベッドボードで、特に下板の角のRを大きく取れば、素人でも比較的簡単にできるそうです。 私の場合、シート下の収納スペースを出来る限り確保したかったので、ベッドボードは実用になる範囲で極力薄くしたいと考えました。 伝聞ですが、10cmくらいの厚さがあると快適なようですが、私は5cm以下に抑えました。 好みは分かれると思いますが、5cmでも私は十分熟睡できます。 
薄ければ少しは簡単かなと思い、DIYにトライしました。  その作成法を少し紹介します。
下板の寸法は、ベッド枠の大きさから、レザー等の外布の厚さ分を引く必要があります。 そうしないと、ベッドボードがベット枠にまらなくなります。  レザー等の外布が柔らかければ、その圧さをそのまま差し引くのでは無く、その厚さの約6割分を下板の寸法から引くと良いそうです。  柔らかさ等により、差し引く寸法は違うと思うので、よく検討してください。
 
作り方
注1)
接着材の使い方はこちら
ベッドボードの場合はレザーは普通接着しないそうです。 
注2)
タッカーとはこんなものです。  工具のページのタッカ-

使用した材料は全てCANP−INN JAPANさんで購入しました。 フェイクレザーもCAMP−INN JAPANさんにいっぱい見本台帳があって、行けば見せてもらって選ぶ事ができます。 お店に行かないとつらいかも??



Menu